ニュース

活動
2019年 9月 HMTバイオメディカル株式会社(HMT-BM)との業務提携に合意。同社が開発を進めている精神疾患等の先端的なバイオマーカーを活用した臨床検査等について、インドほかにおいて業務提携に合意。
7月 ハリヤナ州グルガオンの臨床検査会社2社を訪問。ニューデリーの私立癌専門病院を訪問。国立ゲノム研究所IGIBの幹部を表敬訪問。
1月 グジャラート州政府と州立アーメダバード市民病院と医療事業分野で覚書を締結。
2018年 12月 タミルナード州チェンナイ市にある州立ラジブガンディー総合病院を訪問し、微生物学と病理学の医学博士に臨床検査に関する個別インタビューを実施。インドのデリーのバスンドラ病院と組んでデリーの一般市民向けに、臨床検査のメディカルキャンペーンを実施。
11月 グジャラート州保健省幹部に表敬訪問を行ない、臨床検査事業、透析事業のプレゼンを実施。同州のアーメダバード市民病院(大学病院)の検査ラボを視察し、医療事業分野での覚書に関し討議。
9月 ラジャスタン州ジャイプールの病院の臨床検査センターを視察し院長と面談。内閣官房より鴻池運輸に実施委託された「国際医療パートナーシップ」推進に関するインドにおける協同調査である“臨床検査体制”の事前調査として、タミルナード州チェンナイ市にある州立ラジブガンディー総合病院(大学病院)を訪問。
8月 NCGMの委託事業で鴻池運輸が実施する事業に協力し、日本式臨床検査メディカルキャンペーン実施に関し、デリーのバスンドラ病院と打合わせ。
5月 インド政府が推進するデリー近郊のハリヤーナー州ラハカのマヤール・バイオテック経済特区を在インド日本大使館スタッフと視察。
4月 日本政府が推進する“アジア健康構想”をサポートするため、日本政府側の手配で保険・家族福祉省を、弊社の手配によりAIIMSやIGIB等を訪問。
テランガーナ州ハイデラバードの民間企業の医療機器技術移転契約に基づく製造施設の建設予定地を視察。
3月 内閣官房健康・医療戦略室、MEJ(Medical Excellence JAPAN)のメンバーと訪印。医療機器技術移転にテランガーナ州ハイデラバードの企業を訪問。
2月 AIIMS病院長へ2度目の表敬訪問、同病院が関心の高い関心を持つ日本式臨床検査に関するプレゼンを実施。
着任早々のインドの保健・家族福祉省長官を表敬訪問し、インド政府の関心の高い医療分野に関しプレゼンを実施。
インドのデリーのIGIBの講堂でゲノム解析シンポジウム開催し、当社関係者も講演。IGIBを管轄する本部に表敬訪問し意志表明書に正式調印。
2017年 12月 IGIB等の医療機関からインドの医学博士や医療関係者を日本に招いて研修を実施。
10月 「NCGM(国立研究開発法人 国立医療研究センター)の医療技術等国際展開推進事業」に基づき、インドのデリーにおける鴻池運輸が主管会社として実施したセミナーに、弊社インド法人がインドの政府関係者、医学界、業界関係者を100名以上集客し、当社関係者も講演。
9月 インドのデリーのバスンドラ病院と組んで、一般市民向けに、臨床検査のメディカルキャンペーンを実施。
IGIB幹部と面談し、協働事業の意思表明。弊社のインドにおける臨床検査事業が日経新聞で紹介。
8月 テランガーナ州ハイデラバードの企業を訪問し、医療機器技術移転契約の商談を開始。
7月 インドのデリーのバスンドラ病院と、メディカルキャンペーン実施のためデータ取りを実施。
6月 国立ゲノム研究所IGIB幹部と面談し、事業提携の提案を受ける。インドのアユルベーダ製品を扱うパタンジェリー社と業務提携。サントシ病院、ラーマ病院研修。
5月 インドのデリーにおいて臨床検査事業の実証実験を開始。
4月 メディカルフェア(デリー)に出展。AIIMS(全インド医科大学)病院の幹部と面談。
3月 J-VPD Diagnostics India Private Limited 100%子会社を設立。
2月 Health Tech India(デリー)の展示会に出展。パタンジェリー・ダイアグノスティク・ラボラトリーズやESIC(従業員国家保険公社)病院幹部にプレゼン実施
2016年 10月 マディアプラデーシュ州投資会議グローバルインベスターサミット(ボパール)に、州政府から招待を受け参加、ボパールの大学病院を訪問。
5月 インドの中央医薬品基準管理機構と日本の厚労省共催の「第1回日インド医療製品規制に関するシンポジウム」に日本大使館の要請を受け参加。
活動