新型コロナウイルスPCR検査

J-VPDラボラトリーでは、検体取扱い時に安全性が高く、検査キットの精度が高く、検体分析開始から最短2時間以内でウイルスを検出できるPCR検査サービスを提供しています。

日本では新型コロナウイルスの「第3波」を迎えています。感染拡大防止と社会経済活動を両立させるための対策を取っていますが、各地で警戒レベルを引き上げるなど新規感染者数が増加し、大きな流行の兆しとなっています。しかし、医療体制逼迫への懸念も生じており、PCR検査は、必要とする人が確実に受けられる充分な体制がまだ確保されていないのが現状です。

J-VPDラボラトリーでは、「自分が感染しない」、「感染した場合もいち早く分かる」、「自分がクラスター化の原因にならない」ことが重要との認識のもと、医療現場等での2次感染リスクが少なく検体採取の安全性が確保でき、早期に病原体の有無を調べることができる精度の高い検査を行なうのが最良と考え、新型コロナウイルスPCR検査サービスを提供しています。

J-VPDラボラトリーは、新型コロナウイルスのPCR検査を専門的に行うPCR検査センターです。東京都から認可された登録衛生検査所として、指導監督医を選任し、管理者である検査技師の検査業務を指導監督する体制で運営しており、検査の各工程には標準手順書を設置し、検査結果に過誤やヒューマンエラーが生じないよう、品質管理や精度管理を厳格に行っています。

検査のスペシャリストとして、管理体制を強化し、医療機関からは検査の受託や個人・企業からは、直接、検査の依頼を受付ています。また、国立感染症研究所のバイオハザードの安全基準を遵守し検査業務を行っています。

今後とも感染症防止対策に積極的に貢献して参りますので、宜しくお願申し上げます。

安心して暮らせる生活、安全に活動できる社会を、みんなで取り戻しましょう。